日本の不動産は価格が高いと言われています。国土が狭いという事情もあると思いますが、その特殊性について述べます。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について
3年前に家を新築しました。ガルバリウムの屋根にするとか、鉄筋コンクリートにするとか、いろいろと検討しましたが、最終的に瓦屋根のの木造建築ししました。周辺が、割とお屋敷的な景観の家が多く、あまり浮いた監事の家にするのはどうかと思ったからです。街並みも閑静な住宅街ですので、それにあわせた外観にしました。日本においては不動産の価格が高いと思います。国土も狭い上に、山が多く、可住面積が狭いためやむを得ない部分があります。

不動産は価格が高いのに、木造建築が主流である日本の家の耐用年数は30年程度です。法隆寺や姫路城のような世界遺産クラスだとずいぶん長持ちしますが、それでも改修が必要です。現に姫路城は大改修をやっています。30年しか持たないとなれば、新築後、リフォームなり建て替えが必要となります。住宅ローンを自分は15年で組んでいますが、30年ローンの場合は、ローンの返済が終わった頃に、建て替えやリフォームの資金が必要になりますので、庶民には大打撃となります。不動産の価格がもう少し安くなればとも思いますが、不動産を担保に企業をお金の借り入れを行いますし、家が長持ちすれば住宅会社が困ります。でも、これからの社会では持続的なものが必要となると思いますので、長期優良住宅というものもでてきたようです。

お役立ち情報

  • 急な高槻の葬儀は、24時間受付可のこちらのホールで。葬儀手順も掲載。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.